繁忙期を避けるのが重要なポイント

人材管理システムが自社に良い影響を与えてくれるのであれば、今すぐにでも導入したいと考えている人もいるのではないでしょうか。新しいものを導入するときに、そのようにフットワークが軽いのは良いことだと言えます。しかし、思いつくままに人材管理システムの導入を進めてしまうと、システムが上手く機能しないケースも出てきます。そこで重要になるのが人材管理システムを導入する時期を考えることです。お金があれば、いつ導入してもいいわけではありません。 システムの導入には適切な時期があります。例えば繁忙期を避けた人材管理システムの導入が良いと考えられます。新卒採用の時期や四半期ごとに行われる人事評価の時期は繁忙期です。この時期に人材管理システムを導入しても上手く機能しないので、これらの時期を避けたシステム導入が良いでしょう。

ビッグイベントの時期も避ける

会社によっては大きなプロジェクトに取り掛かっているケースもあるのではないでしょうか。そのような時期は、ほとんどの社員が休日を返上して働いている可能性が高いです。そのような時期に「人材管理システムを導入したい」と言っても、スムーズにシステムを導入できるわけがないでしょう。このような場合は大きなプロジェクトやビッグイベントが終わったタイミングで人材管理システムの導入を提案するのが良いと言えます。 また人材管理システムの導入時期を決めるときには、いつまでに必要かというポイントを考えるのも重要です。例えば新入社員が入社してくる前に人材管理システムが機能するようにしたいのであれば、12月か1月までの人材管理システムを導入しておくのが良いでしょう。