人事労務管理ができる!

会社では人材の勤怠管理や評価などが必要になります。その人材管理を効率的に行えるのが人材管理システムです。従業員が多い会社では、人材管理システムが必須とも言えるでしょう。人材管理システムでは、人事労務管理の機能があります。人事労務担当者は、従業員の勤怠管理をしなくてはなりません。しかし、全てを確認することは難しいため、従業員に出退勤を打刻してもらい、それをシステムで管理するのです。出退勤時間や労働時間・残業時間などを把握でき、給与計算も簡単にできます。システム上に従業員の名簿を作成しておけば、勤怠管理だけでなく、シフト作成やシフト変更の時も管理しやすいです。そして、入退社手続きや保険関連の手続きなども、一元化できます。

目標管理やマネジメントができる!

人材管理システムでは、従業員の人事評価ができる機能もあります。目標管理やそれを評価するシステムであり、従業員だけでなく経営者も評価対象になることが特徴です。評価結果は可視化でき、エクセルや他のシートに出力することもできます。そして、適切な人事評価ができるのです。人材管理システムでマネジメントをする会社もあります。できる内容は、「人材データ分析」「要員計画や配置転換・異動の検討」「社員育成計画」などです。その内容が人材採用や適材適所への配置・後継者育成などで参考になります。そして、採用管理システムとしても利用でき、求人ポジションの選定や選考プロセスの管理・応募者や内定者の管理などをすることも可能です。